オリジナルTシャツの作り方

転写でオリジナルTシャツを制作する

アパレルコーナーなどで市販されているTシャツは、ブランドやメーカーの数だけ
多くのデザインの製品が販売されています。

しかし、デザインは似通った物が多く、時にはコーディネートの幅を持たせにくいという欠点があります。
そこで、オリジナルTシャツ作りが人気になってきているのです。

オリジナルTシャツの製作にも自身でデザインを起こしたり
テンプレートを利用したり、あるいは手書きにしたりなど
様々な方法がありますが、あまり手間をかけたくないという人も中にはいるでしょう。

その為、オリジナルのTシャツを制作する為には、アイロンなどを使って転写してプリントしていくのが効果的です。
転写をする為のプリント紙が販売されていますので、個人でオリジナルのTシャツを制作する事も可能です。

独自のスタイル

オリジナルのTシャツは、コーディネートの幅を広げる為に有効なファッションアイテムであり、
使い方によって、コーディネートのアクセントとして活用出来るでしょう。
転写を行う場合には、デザインに気をつける必要があります。

転写を行いやすいデザインというのがあり、あまり複雑なデザインはTシャツのプリントに向いていないからです。
また、シンプルで色が映えるように制作を行っておく事で、ロゴやイラストがハッキリと見えるようになります。

そのため、折角デザインに力を入れて細やかな表現をしていたとしても
転写の際の事情により表現がしきれない可能性も出てきます。

そのことが心配になる場合は、ラフデザインの段階で業者に確認をしておいたり
表現可能な方法があるかなどをあらかじめ調べておくことをお勧めします。
もちろん、布にプリントされた状態でどのように変るのかを楽しむことも醍醐味です。

シンプルなデザインでも、色使いや配置などによっては十分個性を活かすことができます。
色々な方法を知った上で、自分に一番合った方法を考えてみてください。

用途に合わせて