オリジナルTシャツの作り方

手書きのオリジナルTシャツの作り方

オリジナルのTシャツを作る方法というのはいくつかありますが、オリジナルTシャツがほしいのであれば
手書きに勝る方法はありません。

特に高校の文化祭などでオリジナルTシャツを用意する場合、コストを抑えるためにも
地色だけ決めてしまい、無地のものを注文して、あとは友人同士で好きにデザインを
考えられるのも、楽しみの一つではないでしょうか。

用意するものは文房具屋さんで売っている布用の絵具と、白地か薄い色のTシャツ、筆です。
下書きや下書きの輪郭をなぞる場合はチャコペンや布書きペンも用意しましょう。
どちらも手芸屋さんで手に入ります。

必要になる

まず絵具の裏写りを防ぐ為にTシャツの中に下敷きや厚紙などを入れておきます。
下書きをする場合はチャコペンを使います。
布は線がひきにくいのでゆっくりやりましょう。

次に下書きをなぞりますが、絵具でなぞる方法と、布書きペンでなぞる方法の
二通りありますので、自分の好みで選んでください。

最後に色塗りですが、普通の絵具と同じように水で溶いて塗って大丈夫ですが、
滲まないように少しずつ塗っていってください。
塗り終わったら下敷きを抜かないまま乾かします。

自分らしい

完全に乾いたら世界に一枚しかないオリジナル手書きTシャツの完成です。
簡単なので、お子さんと一緒に楽しみながら作れます。

こういった手書きにする場合、使用する絵具にもよりますが
あまり長持ちしないことや、洗濯には注意が必要なことは
気をつけておいてください。

使う画材にもよりますが、ほとんど着なくても色あせてきたり
汚れがついてきたりすることもあります。

お誕生日のプレゼントなどのように長期的に
持たせたい場合は、業者に依頼をして製作するか
まずは相談をしてみて、アドバイスを受けると良いでしょう。